7月31日(日)「 蓮糸織り体験ワークショップ」

貞享本當麻曼荼羅修理完成記念
特別展「中将姫と當麻曼荼羅―祈りが紡ぐ物語ー」関連イベント

中将姫の物語に登場する綴織當麻曼荼羅(国宝)は、蓮から作った糸を織って作られたと
伝わります。このワークショップでは、蓮から糸を繰り出す作業を実際に体験していただき、
蓮糸を織り込んだコースターを制作してお持ち帰りいただきます。

会場:奈良国立博物館 地下回廊
講師:大和 恵子(一般社団法人豊前小倉織研究会)
   大橋 有佳(公益財団法人元興寺文化財研究所)
日時:令和4年7月31日(日)(各回30分前より受付開始)
1回目:10時30分~12時00分
2回目:14時00分~15時30分
料金:無料  
   ※ただし、本展の観覧券または半券、奈良博プレミアムカード等の     
    提示が必要です
定員:各回10名 (要事前申込 抽選)
   応募期間  6月20日(月)~7月10日(日)

※新型コロナウイルス感染拡大状況により、開催を中止または内容を変更する場合がございます。

わくわくびじゅつギャラリー「はっけん!ほとけさまのかたち」関連 オリジナル工作キット

オンラインワークショップ「なりきり!ほとけさまのかたち」


わくわくびじゅつギャラリー「はっけん!ほとけさまのかたち」に展示されるほとけさまの頭上面や持物をご自宅で作って、文殊菩薩と十一面観音菩薩になりきろう!


工作キットは下記より無料でダウンロードいただけます。

■文殊菩薩 五髻(ごけい) (どちらかお好みの色を使ってください)
          


■文殊菩薩 経巻(きょうかん)と蓮華(れんげ)、三鈷剣(さんこけん)
  

■十一面菩薩 頭上面(ずじょうめん)
  

■十一面菩薩 水瓶(すいびょう)と蓮華(れんげ)、錫杖(しゃくじょう)
   



作り方はYoutubeにて動画を配信していますので、動画を見ながら工作にチャレンジしてみてください。

■文殊菩薩 五髻(ごけい)の作り方
 なりきり!ほとけさまのかたち ~文殊菩薩編①~ – YouTube


■文殊菩薩 経巻(きょうかん)と蓮華(れんげ)、三鈷剣(さんこけん)の作り方
 なりきり!ほとけさまのかたち ~文殊菩薩編②~ – YouTube


■十一面観音菩薩 頭上面(ずじょうめん)の作り方
 なりきり!ほとけさまのかたち ~十一面観音菩薩編①~ – YouTube

■十一面観音菩薩 水瓶(すいびょう)と蓮華(れんげ)、数珠(じゅず)、錫杖(しゃくじょう)の作り方
 なりきり!ほとけさまのかたち ~十一面観音菩薩編②~- YouTube


なりきった後は、アンケートにご協力ください。
https://business.form-mailer.jp/fms/fbb49e36147407




動画配信日時:令和4年7月25日(月)~8月28日(日)

【主催】奈良国立博物館/奈良教育大学大学院修士課程「伝統文化の継承と発信」
【協力】近畿ESDコンソーシアム
【お問合せ】奈良国立博物館 事業推進係 0742‐22‐4478(平日9:30~17:00)




※サイトの仕様上、この下に「受付終了」との表記がありますが、申込みの必要はありません。

特別展「奈良博三昧」関連オリジナル工作キット  奈良博ざんまいわいわい紙ずもう

令和3年7月17日(土)から令和3年9月12日(日)まで特別展「奈良博三昧-至高の仏教美術コレクション-」を
奈良国立博物館で開催いたします。本展に関連したオリジナル工作キットを、奈良教育大学の大学院生が制作し
奈良国立博物館の研究員が監修しました。
対象は小学生向けですが、大人の方も一緒に遊んで楽しめる内容です。
夏休みにぜひ、ご家族で作ってみてはいかがでしょうか?

土俵と力士にデザインされているのは、展覧会で展示している
当館の館蔵品です。

テンプレートと作り方の解説は以下よりダウンロードできます。
力士と土俵はこちらから印刷して作って遊ぶことが出来ます!
作ったあとはアンケートにご協力ください。

ざんまいセット(動物や植物に関係する力士です)
ならはくセット(地獄に関係するものや表情が面白い作品の力士です)
土俵セット

作り方の解説はこちら
また、Youtube動画でも作り方をご覧いただくことができます。

↓↓↓↓↓↓受付等は不要です。↓↓↓↓↓↓