学ぶ・参加するPUBLIC EVENTS

過去の講座・催し物

2022年(令和4年)

ワークショップ11月26日(土)「書画作品に挑戦しよう!」                                 「Let’s practice calligraphy !」

留学生の日関連イベント 書画体験ワークショップWe welcome students from abroad currently studying in Japan   好きな漢字1字と漢字に合った画を筆で書いて書画作品を作ります。Create a painting related to your favorite K

サンデートーク11月20日(日)「古写真と仏像研究」

講師 : 山口 隆介(学芸部主任研究員)

たった1枚の古写真が、仏像の知られざる歴史の一側面を明らかにすることがあります。仏像研究における古写真の有用性について、近年の調査成果をふまえてお話しします。

イベント日中国交正常化50周年記念公演 天平楽府(てんぴょうがふ)特別演奏会「正倉院楽器の復刻彩響」

正倉院に伝わる多くの楽器を復元!よみがえる天平、平安の調べ シルクロードから日本に渡来した、日本最古の楽器群である正倉院所蔵の楽器を、細部に至るまで正確に復元。いにしえの響きが、はるかなる天平、平安の時代に私たちを誘います。作曲家劉宏軍による古代複曲・創作曲が、日中の演奏家により奏でられます。第74回正倉院展の特別内覧

公開講座11月12日(土)「正倉院の仏具―奈良時代の寺院と法会の世界―」

講師 : 三本 周作(奈良国立博物館学芸部研究員)

※抽選による座席指定制です。 応募方法:応募フォームあるいは、はがきかファクスに、代表者の郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号と同伴者(1名まで)の氏名、年齢、参加希望日を書いて、以下の宛先にご応募ください。 はがき:〒539-0041(住所不要)読売新聞大阪本社文化事業部「第74回正倉院展」公開講座係ファクス:06-

イベント10月30日(日)「奈良仏像けんきゅー部 第74回正倉院展編」

吉本興業所属の若手芸人が講師となって、第74回正倉院展で展示されている作品を独自の視点から解説する笑って学べる90分トークです!わかりやすい解説なので中高生でも楽しめます。 会場:奈良国立博物館 講堂日時:2022年10月30日(日)13:30~15:00(受付13:00)出演者:笑福亭笑利 エナジー西手(十手リンジン

公開講座10月29日(土)「正倉院宝物の保存―宝物を覆う―」

講師 : 髙畑 誠 氏(宮内庁正倉院事務所保存課保存科学室員)

※抽選による座席指定制です。 応募方法:応募フォームあるいは、はがきかファクスに、代表者の郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号と同伴者(1名まで)の氏名、年齢、参加希望日を書いて、以下の宛先にご応募ください。 はがき:〒539-0041(住所不要)読売新聞大阪本社文化事業部「第74回正倉院展」公開講座係ファクス:06-

サンデートーク10月16日(日)「古代の戸籍と正倉院文書について」

講師 : 野尻 忠(学芸部資料室長)

今から1300年以上前の飛鳥・奈良時代に作られた日本の戸籍について、その制度と実態をお話しします。現存する戸籍の多くは正倉院に伝来しましたので、今回は正倉院文書の全体像にも言及しつつ、戸籍を読んでみたいと思います。

その他の講座YouTube動画限定公開 第4回 天部「天部のかたち ー毘沙門天を中心に」

講師 : 佐藤 有希子 氏(奈良女子大学文学部准教授)

8月27日(土)実施の講座の動画を終了後に申込制で無料配信いたします。(申込は9月5日から) 先着500名限定(要申込)※定員に達し次第受付を終了いたします。    申込方法:申込フォームより必要事項をご入力の上、お申し込みください(WEB申込のみとなります)。ご入力いただいたメールアドレスに動画視聴のURLが記載され

サンデートーク9月18日(日)「明恵上人をめぐる仏教絵画」

講師 : 谷口 耕生(学芸部教育室長)

鎌倉時代はじめに明恵上人(みょうえしょうにん)によって創建された京都栂尾(とがのお)高山寺には、創建期にさかのぼる仏画の優品が数多く伝わります。その代表作である国宝仏眼仏母(ぶつげんぶつも)像を中心に、造形に込められた明恵の仏教信仰を読み解きます。

その他の講座YouTube動画限定公開 第3回 明王「図像から彫像へ ー不動明王像の魅力」

講師 : 山口 隆介(奈良国立博物館主任研究員)

7月30日(土)実施の講座の動画を終了後に申込制で無料配信いたします。(申込は8月8日から) 先着500名限定(要申込)※定員に達し次第受付を終了いたします。    申込方法:申込フォームより必要事項をご入力の上、お申し込みください(WEB申込のみとなります)。ご入力いただいたメールアドレスに動画視聴のURLが記載され

ワークショップわくわくびじゅつギャラリー「はっけん!ほとけさまのかたち」関連 オリジナル工作キット

オンラインワークショップ「なりきり!ほとけさまのかたち」 わくわくびじゅつギャラリー「はっけん!ほとけさまのかたち」に展示されるほとけさまの頭上面や持物をご自宅で作って、文殊菩薩と十一面観音菩薩になりきろう! 工作キットは下記より無料でダウンロードいただけます。 ■文殊菩薩 五髻(ごけい) (どちらかお好みの色を使って

その他の講座8月27日(土)第4回 天部「天部のかたち ー毘沙門天を中心に」

講師 : 佐藤 有希子 氏(奈良女子大学文学部准教授)

時間 : 13:30~15:00 (13:00 に開場) 会場 : 当館講堂 定員 : 90名(事前申込)※抽選による座席指定制です。 聴講無料 ※ただし聴講には事前申込が必要です。(展覧会観覧券等の提示は不要)  申込方法:申込フォームより必要事項をご入力の上、お申し込みください(WEB申込のみとなります)

その他の講座YouTube動画限定公開 第2回 菩薩「菩薩像のかたちと信仰 ー観音菩薩を中心に」

講師 : 内藤 航(奈良国立博物館研究員)

7月23日(土)実施の講座の動画を終了後に申込制で無料配信いたします。(申込は8月1日から) 先着500名限定(要申込)※定員に達し次第受付を終了いたします。    申込方法:申込フォームより必要事項をご入力の上、お申し込みください(WEB申込のみとなります)。ご入力いただいたメールアドレスに動画視聴のURLが記載され

その他の講座8月21日(日)【午前の部】親子講座「なぜなぜ?はっけん!ほとけさまのかたち」

講師 : 翁 みほり(奈良国立博物館研究員)

本展をもっと楽しむための、担当学芸員による親子向けスライドトークです。(午前・午後ともに同内容です。) 時間:10:30~11:15(10:00 開場) 会場:当館講堂 対象:小・中学生とその保護者 定員:各回30組(事前申込先着順) 参加費:無料(展覧会観覧券等の提示は不要)  申込方法:申込フォームより必要事項をご

その他の講座8月21日(日)【午後の部】親子講座「なぜなぜ?はっけん!ほとけさまのかたち」

講師 : 翁 みほり(奈良国立博物館研究員)

本展をもっと楽しむための、担当学芸員による親子向けスライドトークです。(午前・午後ともに同内容です。) 時間:14:00~14:45(13:30 開場) 会場:当館講堂 対象:小・中学生とその保護者 定員:各回30組(事前申込先着順) 参加費:無料(展覧会観覧券等の提示は不要)  申込方法:申込フォームより必要事項をご

公開講座8月20日 (土)「中将姫説話の展開」

講師 : 日沖 敦子 氏(文教大学文学部日本語日本文学科准教授)

※抽選による座席指定制となります。 申込方法: ●インターネットから応募する場合 申込フォームより 必要事項をご入力の上、お申し込みください。   ●はがきまたはファクスから応募する場合 はがきまたはファクスに、代表者の郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号と同伴者(1名まで)の氏名、年齢、参加希望日を明記して、下記へご

その他の講座YouTube動画限定公開 第1回 如来「東アジア世界のブッダの姿」

講師 : 岩井 共二(奈良国立博物館美術室長)

7月16日(土)実施の講座の動画を終了後に申込制で無料配信いたします。(申込は7月25日から) 先着500名限定(要申込)※定員に達し次第受付を終了いたします。    申込方法:申込フォームより必要事項をご入力の上、お申し込みください(WEB申込のみとなります)。ご入力いただいたメールアドレスに動画視聴のURLが記載さ

サンデートーク8月7日(日)「仏教美術以前の日本美術」

講師 : 井上 洋一(館長)

奈良博のコレクションは仏教美術だけではありません。世界の人々を魅了する縄文土器や土偶、そして謎多き銅鐸や銅矛たちもいるのです。今回は普段あまり出番のない彼らを主役に、縄文・弥生の美術にまつわる「通」なお話をしたいと思います。

公開講座8月6日 (土)「貞享本當麻曼荼羅とその周辺」

講師 : 北澤 菜月(奈良国立博物館学芸部主任研究員)

※抽選による座席指定制となります。 申込方法: ●インターネットから応募する場合 申込フォームより 必要事項をご入力の上、お申し込みください。   ●はがきまたはファクスから応募する場合 はがきまたはファクスに、代表者の郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号と同伴者(1名まで)の氏名、年齢、参加希望日を明記して、下記へご

ワークショップ7月31日(日)「 蓮糸織り体験ワークショップ」

貞享本當麻曼荼羅修理完成記念特別展「中将姫と當麻曼荼羅―祈りが紡ぐ物語ー」関連イベント 中将姫の物語に登場する綴織當麻曼荼羅(国宝)は、蓮から作った糸を織って作られたと伝わります。このワークショップでは、蓮から糸を繰り出す作業を実際に体験していただき、蓮糸を織り込んだコースターを制作してお持ち帰りいただきます。 会場:

その他の講座7月30日(土)第3回 明王「図像から彫像へ ー不動明王像の魅力」

講師 : 山口 隆介(奈良国立博物館主任研究員)

時間 : 13:30~15:00 (13:00 に開場) 会場 : 当館講堂 定員 : 90名(事前申込)※抽選による座席指定制です。 聴講無料 ※ただし聴講には事前申込が必要です。(展覧会観覧券等の提示は不要)  申込方法:申込フォームより必要事項をご入力の上、お申し込みください(WEB申込のみとなります)

その他の講座7月23日(土)第2回 菩薩「菩薩像のかたちと信仰 ー観音菩薩を中心に」

講師 : 内藤 航(奈良国立博物館研究員)

時間 : 13:30~15:00 (13:00 に開場) 会場 : 当館講堂 定員 : 90名(事前申込)※抽選による座席指定制です。 聴講無料 ※ただし聴講には事前申込が必要です。(展覧会観覧券等の提示は不要)  申込方法:申込フォームより必要事項をご入力の上、お申し込みください(WEB申込のみとなります)

サンデートーク7月17日(日)「平安貴族と装飾写経」

講師 : 斎木 涼子(学芸部列品室長)

写経は、本来経典を学んだり、功徳を積むために行うものでした。平安時代、貴族たちは趣向を凝らし飾り立てた写経を作り出します。その背景にある信仰と文化について、ご紹介します。

その他の講座7月16日(土)第1回 如来「東アジア世界のブッダの姿」

講師 : 岩井 共二(奈良国立博物館美術室長)

時間 : 13:30~15:00 (13:00 に開場) 会場 : 当館講堂 定員 : 90名(事前申込)※抽選による座席指定制です。 聴講無料 ※ただし聴講には事前申込が必要です。(展覧会観覧券等の提示は不要)  申込方法:申込フォームより必要事項をご入力の上、お申し込みください(WEB申込のみとなります)

サンデートーク6月19日(日)「文化財の健康診断ー X線CT調査でみる文化財ー」

講師 : 安藤 真理子(学芸部研究員)

2017年に大型文化財用X線CTスキャン装置を導入して以来、奈良博は数々のCT調査をおこなってきました。文化財の内部に秘められた構造・製作技法・劣化状況・修理歴など、実際のCT調査結果と共にご紹介します。

公開講座6月11日 (土)「大安寺の仏像」

講師 : 稲本 泰生 氏(京都大学教授)

※抽選による座席指定制です。 申込方法:申込フォームより必要事項をご入力の上、お申し込みください(WEB申込のみとなります)。 ※お1人につき1回ずつお申込みください。   参加証の送付:当選者には、5月27日(金)までに参加証をお送りします。当日必ずお持ちください。   ご注意 ※お預かりした個人情報は、本公開講座の

イベント4月30日(土)・5月28日(土)「重文で朝ヨガ・呼吸法体験!~ならはくでととのいませんか?~」

特別展「大安寺のすべて ―天平のみほとけと祈り―」関連イベント 当館敷地内の重要文化財である「仏教美術資料研究センター」の建物の中で、ヨガでリフレッシュ&呼吸法を体験し、心を整えてみませんか?さらに、展覧会の見どころ紹介もあります。心休まるひと時を一緒に過ごしましょう♪どなたでもご参加いただけます。初心者の方でも大歓迎

公開講座5月21日 (土)「大安寺の祈りと営み-出土品を中心に-」

講師 : 中川 あや(奈良国立博物館企画室長)

※抽選による座席指定制です。 申込方法:申込フォームより必要事項をご入力の上、お申し込みください(WEB申込のみとなります)。 ※お1人につき1回ずつお申込みください。   参加証の送付:当選者には、4月29日(金・祝)までに参加証をお送りします。当日必ずお持ちください。   ご注意 ※お預かりした個人情報は、本公開講

サンデートーク5月15日(日)「文化財を加害するムシの話」

講師 : 小峰 幸夫(学芸部研究員)

自然界には多くの昆虫がおり、その中には博物館の収蔵品(文化財)を加害する昆虫もいます。害虫から文化財を守るためにはまず、相手(害虫の種類)を知る必要があります。文化財を加害する害虫の種類やその防除法についてお話しいたします。

公開講座4月29日 (金・祝)「大安寺伽藍縁起幷流記資財帳の考古学」

講師 : 上原 眞人 氏(京都大学名誉教授)

※抽選による座席指定制です。 申込方法:申込フォームより必要事項をご入力の上、お申し込みください(WEB申込のみとなります)。 ※お1人につき1回ずつお申込みください。   参加証の送付:当選者には、4月15日(金)までに参加証をお送りします。当日必ずお持ちください。   ご注意 ※お預かりした個人情報は、本公開講座の

イベント4月23日(土)らくご男子落語会 恋バナ編

特別展「大安寺のすべて ―天平のみほとけと祈り―」関連イベント 若手イケメン落語家によるアイドルグループ”らくご男子”からお二人をお迎えしてお届けする、  恋バナ系落語を二席。                                   そして特別展「大安寺のすべて」の鑑賞ポイントを、「デートの極意」になぞらえ

サンデートーク4月17日(日)「薬師如来像をめぐって」

講師 : 伊藤 旭人(学芸部研究員)

薬師如来は、左手に良薬の入った壺「薬壺」を執るすがたでよく知られています。日本では平安時代に薬師信仰のブームが起き、多くの彫像が造られました。今回は平安中期(10-11世紀)の作例を中心に取り上げ、その信仰背景と魅力をご紹介します。

ワークショップ特別展「奈良博三昧」関連オリジナル工作キット  奈良博ざんまいわいわい紙ずもう

令和3年7月17日(土)から令和3年9月12日(日)まで特別展「奈良博三昧-至高の仏教美術コレクション-」を奈良国立博物館で開催いたします。本展に関連したオリジナル工作キットを、奈良教育大学の大学院生が制作し奈良国立博物館の研究員が監修しました。対象は小学生向けですが、大人の方も一緒に遊んで楽しめる内容です。夏休みにぜ

イベントお水取り 「講話」と「現地解説」の会

  東大寺二月堂で行われる法会のひとつである、修二会。別名「お水取り」といい、当館では毎年、東大寺の協力のもと、お水取り展を開催しています。 お水取り展にちなんだイベントとして、お水取りをたっぷり満喫できる無料イベントとなっております。 会場:奈良国立博物館講堂・展示会場    東大寺二月堂日時:2022年3月26日(

サンデートーク3月20日(日)「“サスティナブル”な文化財保存」

講師 : 荒木 臣紀(当館学芸部保存修理指導室長)

昨今よく耳にする単語“サスティナブル(持続可能)”。この概念を組み込んで行なっている文化財保存活動を保存対象となった古写真(銀板写真)の紹介と共に解説いたします。

イベント3月19日(土)親子ワークショップ「散華でポン!~聖林寺十一面観音をかいてみよう」

実施日を2月20日(日)から3月19日(土)に変更しました ※新型コロナウイルス感染症の拡大状況により、参加者の皆様の感染防止と安全確保のため、実施日を変更しました。 特別展「国宝 聖林寺十一面観音-三輪山信仰のみほとけ」関連イベント 線の上からなぞるだけでカンタンに楽しむことができる 「写仏」をしてみませんか? 聖林

イベント3月12日(土)「奈良仏像けんきゅー部 聖林寺展編」

吉本興業所属の若手芸人が講師となって、聖林寺展で展示されている作品を独自の視点から解説する笑って学べる90分トークです!わかりやすい解説なので中高生でも楽しめます。 会場:奈良国立博物館 講堂日時:2022年3月12日(土)13:00~14:30(受付12:30)出演者:笑福亭笑利 エナジー西手(十手リンジン)ゲスト:

公開講座3月5日 (土)「聖林寺十一面観音菩薩立像をめぐって」

講師 : 岩井 共二(奈良国立博物館学芸部美術室長)

※抽選による座席指定制となります。 申込方法: ●インターネットから応募する場合 申込フォームより 必要事項をご入力の上、お申し込みください。   ●はがきまたはファクスから応募する場合 はがきかファクスに、代表者の郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号と同伴者(1名まで)の氏名、年齢を明記して、下記へご応募ください。

サンデートーク2月20日(日)「ほとけの装いにみる工芸」

講師 : 三本 周作(当館学芸部研究員)

仏像や仏画のほとけは、美しい衣やよろい、装身具を身につけています。これらは織物、皮革、金具といった工芸品を彫刻や絵画として再現したものです。ほとけのきらびやかなファッションの世界を、実際の工芸品と比較しながら楽しみます。

公開講座2月19日 (土)「不退の行法、東大寺修二会(お水取り)」

講師 : 北河原 公敬 師(東大寺長老)

申込方法: 申込フォームより必要事項をご入力の上、お申し込みください(WEB申込のみとなります)。 ※先着順。定員に達し次第締め切ります。   当日ご入場の際には、受付完了メール画面をご提示ください。(画面のスクリーンショットまたは印刷したものでも可) ※受付完了メールに記載されたご本人様以外の入場はお断りいたします。

サンデートーク1月16日(日)「辟邪絵をめぐって」

講師 : 谷口 耕生(当館学芸部教育室長)

疫病や災いを引き起こすとされた鬼とたたかう五人の善神を描く平安絵巻の傑作「国宝 辟邪絵」。奈良博を代表する名品の魅力を紹介するとともに、その勇ましい図像の典拠や、「地獄草紙」の名で伝来した信仰背景にも迫ります。

イベント2022年1月8日(土)「奈良仏像けんきゅー部 藤田美術館展編」

吉本興業所属の若手芸人が講師となって、藤田美術館展で展示されている作品を独自の視点から解説する笑って学べる90分トークです!わかりやすい解説なので中高生でも楽しめます。 会場:奈良国立博物館 講堂日時:2022年1月8日(土)13:00~14:30(受付12:30)出演者:笑福亭笑利 エナジー西手(十手リンジン)ゲスト