特別展「奈良博三昧」関連オリジナル工作キット  奈良博ざんまいわいわい紙ずもう

令和3年7月17日(土)から令和3年9月12日(日)まで特別展「奈良博三昧-至高の仏教美術コレクション-」を
奈良国立博物館で開催いたします。本展に関連したオリジナル工作キットを、奈良教育大学の大学院生が制作し
奈良国立博物館の研究員が監修しました。
対象は小学生向けですが、大人の方も一緒に遊んで楽しめる内容です。
夏休みにぜひ、ご家族で作ってみてはいかがでしょうか?

土俵と力士にデザインされているのは、展覧会で展示している
当館の館蔵品です。

テンプレートと作り方の解説は以下よりダウンロードできます。
力士と土俵はこちらから印刷して作って遊ぶことが出来ます!
作ったあとはアンケートにご協力ください。

ざんまいセット(動物や植物に関係する力士です)
ならはくセット(地獄に関係するものや表情が面白い作品の力士です)
土俵セット

作り方の解説はこちら
また、Youtube動画でも作り方をご覧いただくことができます。

↓↓↓↓↓↓受付等は不要です。↓↓↓↓↓↓


12月19日(日)「閻魔王と地獄の美術」

人はこの世を去った後、閻魔王に裁かれて次の行き先が決まる――古代インドで生まれたこの考えは、中国を経て日本に流入し、多様な造形が生まれました。その魅力と信仰について、鎌倉時代の彫像を中心にご紹介します。

10月3日(日)「絵はがきと仏像研究」

たった1枚の絵はがきが、仏像の知られざる歴史の一側面を明らかにすることがあります。仏像研究における絵はがきの有用性について、近年の調査成果をふまえてお話します。

11月21日(日)「奈良博の壺」

奈良博が所蔵する「壺」の色や形の良し悪し、鑑賞のポイントなど、壺を観る時のツボをご案内します。紹介作品(予定):縄文晩期の壺、奈良時代の須恵器短頸壺、平安時代の猿投灰釉壺、常滑三筋壺、渥美蓮弁文壺、古瀬戸草花文瓶

7月21日(水) 特別展 「奈良博三昧 -至高の仏教美術コレクション-」コラボ企画

※キャンパスメンバーズ会員校の学生及び教職員が申込可能です。

当館研究員による展示解説の後、特別展「奈良博三昧―至高の仏教美術コレクション―」の貸切自由観覧となる特別鑑賞会を実施いたします。
キャンパスメンバーズについてはこちら

要事前申込

※当画面、申込フォームよりお申込ください。
 電話による申込は受け付けておりません。
 定員になり次第、受け付けを終了します。

7月23日(金・祝)親子ワークショップ「切り絵でアート ならはくの仏像」

特別展「奈良博三昧ー至高の仏教美術コレクションー」関連イベント


小学生以上のお子様とその保護者様向けのイベントです。
当館の館蔵品及び公式キャラクター「ざんまいず」をデザインした切り絵を楽しんでいただきます。イベントの参加は無料です。
当日受付にて本展覧会のチケットまたは半券等の提示が必要です。

※申し込みは終了しました

7月24日 (土)「観仏画三昧-奈良博仏教絵画コレクションをあじわう-」

※本講座内容は、終了後YouTube「ならはくチャンネル」での期間限定無料公開を予定しています。

7月31日 (土)「仏教工芸の魅力-奈良博のコレクションから-」

※本講座内容は、終了後YouTube「ならはくチャンネル」での期間限定無料公開を予定しています。

8月7日 (土)「奈良博の仏像コレクション-種類と時代-」

※本講座内容は、終了後YouTube「ならはくチャンネル」での期間限定無料公開を予定しています。

8月28日 (土)「古写経と古代文字史料」

※本講座内容は、終了後YouTube「ならはくチャンネル」での期間限定無料公開を予定しています。